Security Design

お問い合わせ
検温器
アルコール検査器

アルコールチェックの記録を
顔認証と一緒に簡単管理

アルコール検知器を用いての
チェックが義務化されます

2022年4月より安全運転管理者による
運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化スタート

安全運転管理者の
選任が必要に!!

一定台数以上の自動車の使用者は、自動車の使用の本拠(事業所等)ごとに、
自動車の安全な運転に必要な業務を行うものとして安全運転管理者の選任を行わなければなりません。

警察官

対象事業所

大型自動車

定員11人以上の自動車を1台以上
使用している事業所

普通自動車

自動車(社用車)を5台以上所有
している事業所

安全運転責任者の
義務化とは?

運転者の酒気帯びの有り無し確認を
アルコール検知器※を用いて行うこと

アルコール検知器を常時有効に保持
すること

※呼気中のアルコールを検知し、その有無またはその濃度を警告音・警告灯・数値等により示す機能を有する機器

2022年10月1日から義務化がスタートします。

飲酒運転管理上の問題点

悩む人

現場監督が必要

現場にパソコン環境が必要

紙記録だと紛失の可能性が高い

多くの操作ステップ

現状の管理

検温
紙での記録
アルコール検査
紙での記録
データ整理と保存

他社製品

検温
パソコンで記録
アルコール検査
紙での記録
データ整理と保存
矢印

Security Designの
アルコールチェッカーなら!

操作しやすい

検測が迅速にできる

データエクスポート可能

簡単で分かりやすい

プリンター機能付き

簡単2STEP!検査完了!

検温器

検温

STEP1
検温器

アルコール検査

STEP2

簡単2STEP!検査完了!

ご注意:
アルコール検査前の、アルコール成分を含む
・手指消毒剤の使用
・息清涼製品の使用
・飲食物の摂取
等は、アルコール反応が出やすいので避けてください。

アルコールチェッカーの
導入をご検討中の方はこちら

特長

USBケーブルで
顔認証リーダーと連携可

すでに当社の顔認証リーダーをご購入いただいているお客様は、顔認証リーダーのファームウェアをアップグレードするだけで、アルコール検知器と連動させることができます。

アルコール検知器と
プリンターの一体型

アルコール検知器本体で、測定結果を紙に印刷することができます。プリンターの追加購入は不要です。

かんたんログ保存
検索多様化

全事業所すべてにパソコンの用意は不要です。各拠点のデータを一箇所で集中管理できます。

アフターサポート

  • センサー精度の確認
    半年に1回、専用の器具を使用し、正しいアルコール濃度が検出されていることを確認
  • センサー交換
    1万回毎にアルコール検出センサーの交換が必要となります。
  • センサー精度の確認

正しい精度で検査を行うには
定期的な精度確認
センサーの交換が必要です

プラン比較

機器のレンタルとメンテナンスプランを
ご用意致しました。

定期的な精度確認とセンサー交換を保守メンテナンスサービスとしてご提供致します。
プレミアム スタンダード ライト スポット
・アルコール探知機レンタル チェック チェック
・顔認証リーダーレンタル チェック
・先出しセンドバック チェック チェック
・精度チェック(半年に1回) チェック チェック チェック チェック
・センサー交換(1回/1万回) チェック チェック チェック チェック
・機器動作チェック チェック チェック チェック チェック
・機器保証 チェック チェック
  • アルコール探知機レンタル
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • 顔認証リーダーレンタル
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • 先出しセンドバック
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • 精度チェック(半年に1回)
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • センサー交換(1回)
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • 機器動作チェック
    プレミアム スタンダード ライト スポット
  • 機器保証
    プレミアム スタンダード ライト スポット

アルコールチェッカーの
導入をご検討中の方はこちら